bibliotic! info

井上らんたい漆器の展示販売会

開催日程:2017年3月11日(土)〜25日(土)11:00〜18:00
久留米の伝統工芸品「籃胎漆器」がズラリと揃います。

100年以上の歴史を持ち、現在も一貫して耳納連山の真竹を使い、全行程を久留米で、職人歴30年以上の職人さんたちの手仕事により『藍胎漆器』を作っている井上らんたい漆器さん


通販を開始した当初から根強い人気のお箸以外にも、藍胎漆器の丈夫さと軽さを生かしたお盆や器をずらりと2階に取り揃えました。

久留米籃胎漆器(くるめらんたいしっき)とは、竹の名産地である福岡県の筑後地方の特産品で、研ぎ出しによる模様や艶を出したデザインが特徴の竹を編みあげた漆器です。
久留米に永く住んでいるご家庭なら「どこの家にでも1つはある」というほど、地元に根付いている工芸品である一方、現在、全行程を国内で生産している籃胎漆器は希少になっています。

百年の歴史を物語る風格を持ちながら、暮らしの中で活きる素朴さを持っています。
職人たちの熟練した技による堅固なつくりは、「日用品として使われてこそ活かされる」と社長の井上さんは考えています。

長い職人の歴史の中で、井上さんは色味やカタチなど色々挑戦してきました。
その中で生まれた「銹 sabi」は、藍胎漆器の正統な行程を変えて生まれた井上さん独自の塗りの技法です。
シックで厳格な雰囲気すら漂う「銹 sabi」は男性の方にも人気です。

手に取って、軽さと丈夫さをゼヒ実感してください。
通販サイトには、随時アップしていきますのでもうしばらくお待ち下さいませ。



通販サイトはコチラから

bibliotic!_bnr

福岡県八女市本町1-17(MAPあり) /TEL 0943-24-8423
OPEN 11:00〜18:00 (火・水曜 定休)

instagram_bib
お店「ビブリオチック」のスタッフが写真でお届けする土橋市場のあれこれ。

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。