bibliotic! journal

千代乃園さんのお茶会

生産者であり、日本茶インストラクターである千代乃園の原島さんによる試飲会の模様です。

テラコヤノミノイチで賑わった3月13日の日曜日。
ビブリオチックオープンの11時には土橋市場を訪れる人も次第に増え、お茶の千代乃園の原島夫妻も早めに準備をしてくださり、12時前にはテーブルをワイワイ囲みながら試飲会がスタートしました。

お茶の千代乃園 試飲会
煎茶、ほうじ茶、抹茶玄米茶、紅茶を手がける千代乃園さん、茶器もいろいろ持って来てくださいました。

お茶の千代乃園 試飲会
矢部紅茶のお茶っ葉を見てもらってます。

台湾や中国まで行ってお茶の研究もしている原島さん。
矢部紅茶は、改良を重ね、お茶の葉が切れないように揉んで発酵させたものになりました。
切れてないお茶っ葉は、中国では昔から朝廷に献上されるような高級品。
さらに標高600m以上で農薬を使わずに育てられた茶葉です。

原島 政司さん:
「標高の高い所で育ったお茶は香りが高いです。
 インドや中国では高地で栽培されたお茶ほど高級と見なされるんですよ。」

お茶の千代乃園 試飲会

香り高く、アッサム系の茶葉特有のしっかりとした味わいと甘みに加え、ダージリンの風味もある紅茶をストレートで。
どのお茶もですが、皆さん一口目で「美味しい!」と驚きと笑顔を見せてくれます。

お茶の千代乃園 試飲会
千代乃園さんの畑の説明から、お茶の飲み方、いろんな話をしながら、いろんなお茶を飲んでいただきました。

「お茶の葉が開いてないから。」
政司さんが、お茶を淹れる時に何度も口にした言葉。
お茶の葉っぱが開ききったら、葉っぱを変えるそうです。
それまでは、捨てずに何煎でも飲んでください。とのこと。

そして、使い終わったお茶っ葉も丸ごと美味しく食べれるように奥さまの江里さんが考えたお茶レシピ。

「(淹れ終わった)煎茶を刻んでチャーハンにしたり、粉茶を炊飯器に入れてご飯を炊いたり。
 お茶には、苦味や甘味など出汁の要素もありますから。
 あと、緑茶と醤油は合うんです!」

コロッケやポテトサラダに粉茶を混ぜると、美味しい上に鮮やかな緑色になるそうですよ。

お茶の千代乃園 試飲会
急須でお茶を格好良く入れる所作に憧れました(笑)

お茶処ちくご地方のお客様方はやはりお茶に詳しく、質問も「60℃で煎茶を入れるのが正解なの?」という内容が多かったです。

江里さん:
「これが正しい。というのはないんですよ。
渋いのが好きな方もおられますし。
その場合は熱めのお湯で‥ポットから直接でも良いと思います。」

政司さん:
「お湯が熱いと、渋みも出て来るので甘味が弱く感じるんですよ。
 だから渋みをだしたくない時は、ぬるめのお湯で淹れるんです。
 あとは、ご自身のお好みの温度を見つけていただいたら。」

お茶を淹れるのは難しい。堅苦しい。と構えてしまうよりは気軽に飲んで欲しいそうです。
そして、いろんなお茶を楽しんで欲しい。

お茶の千代乃園 試飲会
玄米抹茶の鮮やかな緑は「きれい!」と声が漏れるほど。

急須にお湯を入れて、後から茶葉を入れる方法もあるのだとか。
それなら、手間がなくお湯を少し冷ました状態で淹れれますね。

そして、煎茶は2煎目が美味しいのだとか。

「不思議と2煎目だけ飲んでも美味しくないんです。
1煎目を飲んで、2煎目との味の違いを比べて欲しいです。」

お茶の千代乃園 試飲会
テラコヤノミノイチを回って、TUTUMU展もご覧いただき、ほっと一息つくお茶を淹れてくださった原島さん。

政司さん:
「これくらいの量だと、何種類も味わってもらえるでしょ(笑)」

そう言って、お客さまの気になるお茶、お好みのお茶にはじまり、全種類味わっていただきながらお話をされてました。

お茶の千代乃園 試飲会
夕方までアッという間の時間。
終わり頃に雨は降り出しましたが、土橋市場のアーケードはお茶の香りが漂う憩いの場になっていました。

原島さんが特別に販売してくださった自家製柚子胡椒や干ししいたけも大好評。
矢部村という場所を知るきっかけにもなりました。
柳川から来られたお客さまも多く、こんな話も。

「柳川の海苔を育む矢部川の上流が矢部村なんです。
だから、柳川市が植林をして『柳川の森』と名付けられた場所がウチの畑の隣にあります。」

川を通じて山と海が繋がって、自然の恩恵を受けてる地域同士つながっているそうです。
そんな商品の背景の物語。
生産者さんから直接聞いていただける場を設けることができて、やっぱり良かったなと思いました。
お越しくださった皆さん、原島さん、本当にありがとうございました!
また、ステキな機会を設けれるようがんばります。


【関連記事】
お茶の千代乃園の物語
お茶の千代乃園の物語 その2


雪ふる山のおそぶき茶【煎茶】

雪ふる山のおそぶき茶【煎茶/TB】
¥500((税抜)〜

お買いもの

雪ふる山のおそぶき茶【抹茶玄米茶】

雪ふる山のおそぶき茶【抹茶玄米茶/TB】
¥400((税抜)〜

お買いもの

雪ふる山のおそぶき茶【ほうじ茶】

雪ふる山のおそぶき茶【ほうじ茶/TB】
¥300(税抜)〜

お買いもの

雪ふる山のおそぶき茶【矢部紅茶】

雪ふる山のおそぶき茶【矢部紅茶/TB】
¥650((税抜)〜

お買いもの
 

bibliotic!_bnr

福岡県八女市本町1-17(MAPあり) /TEL 0943-24-8423
OPEN 11:00〜17:00 (木・金・土・日曜)

instagram_bib

お店「ビブリオチック」のスタッフが写真でお届けする土橋市場のあれこれ。

About the author

bibliotic!

福岡県八女市の土橋市場にある本・雑貨&ギャラリーそして、ちくちっくの商品が買える小さなお店です。

本やモノを通じて。
生産者さんたちから直接学べるワークショップを通じて。
その他、いろんな企画を通じて。
皆さん1人1人の新しい物語がはじまる場所でありたいと思ってます。

お店のこと、商品のこと、ワークショップや企画のことなど
土橋市場を中心に、店主ウサガワが紹介させていただきます。

所在地:福岡県八女市本町1-17 土橋市場(MAPあり)
TEL:0943-24-8423
OPEN 11:00〜18:00 火・水曜 定休(祝日の場合はOPEN)

全国配送の通販サイトはこちらです↓↓↓
http://store.cictic.jp