チクチックノート

八女の芋まんじゅう

ちくご地方の御当地たべもので感動したモノは数多くありますが、八女近辺の「いも饅頭」もその1つです。

昔、TV番組「ケンミンショー」で取りあげられてるのを見て「美味しそう!」と思っていたモノが、今やすぐ食べに行ける場所にいるなんて(笑)

きっと、全国中に「芋まんじゅう」はあると思います。
角切りの芋がまぶしてあるモノ、芋餡のモノ、熊本の「いきなり団子」も有名ですね。
私の知ってる「いも饅頭」は、そんな感じでした。
餡子が入ってる。または入ってなくても甘い。
お菓子で使われる「いも=サツマイモ」の印象が強かったのです。

でも、八女あたりで「いも饅頭」と云えば、塩味、もしくは出汁醤油が聞いたジャガイモを薄い団子で巻いただけのモノのことを云うようです。
甘い、どころか立派なおかず。いや、主食?
道の駅では、いろんな方が作られた「いも饅頭」が買うことができます。
郷土料理を出すお店でも食べることが出来ます。
「ふみちゃんの味そ汁屋さん」では、ヨモギ団子バージョンがありました。

八女の芋まんじゅう
「だご汁」と同じく各家庭の味がある「芋まんじゅう」

八女の芋まんじゅう
ジャガイモは丸のまま使うから、(ちくご地方の)新ジャガの季節の少し小さめのモノを。

この芋まんじゅう、旬に合わせてジャガイモと里芋バージョンがあるそうです。
私はまだ里芋バージョンは食べた事がありません。
事務所お隣の農家のお嫁さん(八女出身)が
「うっとこのおばあちゃんの里芋饅頭が、がば美味しいけん!」
と教えてくれたので、是非いつか食したいと思います。

※芋まんじゅうに出会うと、すぐ食べてしまい未だに写真が取れておりません…すみません。
 


インスタグラムではイベントのオフショットも載せてます!

instagram_cic

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください