さんぽ日記

お土産カフェ 「QURA-くら」

福岡県うきは市吉井町に新しいお土産+カフェ「QURA -くら-」が2月8日グランドオープンいたしました。

吉井町のお店キチココさんをメインにぱんのもっかさん、RENさん、高山珈琲さん、そして 酢造発酵場スーさんが共同で営むお店です。
場所はキチココさんのお向かい。観光案内所「土蔵」内。
うきは市白壁ホールの広い駐車場の一角です。

QURA

4月5日までは「筑後吉井のひなめぐり」期間。
雛人形も展示され、吉井町のひな巡りをされてる方も休憩に立寄られます。

QURA
オープニングということで、普段は吉井町で焙煎した豆を販売している高山珈琲さんも「吉井ブレンド」コーヒーを販売に。
高山さんが「研究に研究を重ね、キチココどら焼きの餡子に合うブレンド」を施した「キチココブレンド」はモーニングから飲めます。
ぜひ、あんトーストと召し上がってみてください。
(ちなみに、トースト用とどら焼き用は餡子を変えてあるそうです)

QURA

グランドオープン初日は、キチココさんのモーニングに始まり、酢造発酵場スーさんのランチ。
柔らかジューシーな耳納豚のミートボールと大豆のいちじく酢煮込みと「ぱんのもっか」さんのバゲット。

QURA

QURA
物販もお土産使用に。

この日は、うきはの人たちも「今日は寒い!」というほど冷え込んだ日でしたが、朝からお客さまがこられたようで、ランチタイムぎりぎりに行った時にはスーさんの果実酢棚もどら焼き棚も品薄に…。
そして、途切れることのないお客さま。
おかげで、イベント時には見れないどら焼き追加製造の様子が見れました(笑)

QURA

「コウジさんが焼くとこ初めて見た!」と高山さんと2人で騒ぎながら、かぶりつきで見学。
均一に焼かれていく どら生地の甘くてイイ香りが辺りに漂います。
そんなに騒いだのに、スーの大山さんの「もなかアイスがすっごい美味しい」の一言で、デザートはもなかアイスに。
(どら焼きの美味しさは知っておりますから)

QURA
昔ながらの手焼きのサクッサクのこだわり最中に、うきはの苺で作った特注ジェラートとキチココさんの餡子のハーモニー。

皆さん、それぞれのお店の合間、もしくは開けながらの運営です。
(キチココさんは、しばらくQURA内で営業します)
それぞれのお店とは違う「QURAだから出来ること」を楽しんでいる様子が、訪れた人に新たな魅力として伝わるような雰囲気がありました。
それにしても贅沢なコラボレーションですよね。
これがイベントではなく、期間運営というところがまた贅沢。(一応、1年間となっております)

ランチは、ぱんのもっかさんやキチココさんが担当する日もあります。
詳しくは、QURAのFacebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/quraukiha

キチココ


QURA – くら –
営業時間:9時〜17時
MAPあり)
※観光案内所は、シーズン中(2月8日〜4月5日)は無休で開いています。

Facebookページ


高山珈琲 Facebookページ
Qui-tico-co キチココ Facebookページ
酢造発酵場スー 公式ホームページ
ぱんのもっか(モナパン)Facebookページ

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。