チクチックノート

氷水だし緑茶

TV番組で紹介していた「氷水出し緑茶」を試してみました。

新茶の季節が過ぎ、梅雨が明け、暑い夏がやってくると緑茶の出番がぐっと減ってしまうことありませんか?
水出し用のボトルが沢山あり、緑茶だけじゃなく水出し紅茶やコーヒーなど冷たい飲み物を手軽に美味しく飲める方法も普及してる中、先日NHKの番組で「お湯で淹れるより簡単で美味しい」とお茶農家さんが言っていた「氷水出し緑茶」

(急須の場合)10gのお茶っ葉に40mlの氷水を注いで5分待つ。だけ!

氷水出し茶

40mlでは足りないので、水出し用のボトルに大量に作ってみました。
八女茶は甘味が美味しいと薄々思っていましたが、その甘味とお茶の深みが際立つ美味しさ。
水出しよりさらに苦みが出ず、何より氷水を3回くらい継ぎ足しても美味しかったです。

この淹れ方ですと、カフェインがほとんど出ないのでお子様や、寝る前でもゴクゴク飲めるそうです。
「高級な煎茶であればよりうまみや香りが増すためオススメです。」との事ですので、ぜひ八女茶を氷水出し茶で飲んでみてくださいね。

ちくちっく online store 八女茶

八女茶 通販



濃いめのエスプレッソや経済的な大容量用レシピなどは、NHK「ためしてガッテン」 のサイトで詳しく紹介しています。

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。