さんぽ日記

八女さんぽ その2

土橋市場を出て市役所の方へ行くと、これまた個性豊かなお店が建ち並ぶ福島地区です。

八女 土橋市場マップ

土橋市場を出てからは色んなルートで福島地区に行けますし、その道中いろんなお店がありますが、今回はいつも土橋事変のフライヤーを置いてくださってる店を中心に回りたいと思います。
ちなみに、お昼は空いてませんが土橋市場を出て南にまっすぐ、土橋郵便局を左に曲がると土橋事変でもおなじみ「メキシコ料理 アステカ」さんがあります。
暑い夏の夜にスパイシーな料理を欲した時は、ここに連れてってもらってます(夏だけじゃないですが 笑)

あ、夜といえばさらに南にいくとタコヤキBAR「ウメノ商店」さんがございます。

ao cafe
コンビニより神社が多い日本を肌で実感する町・八女。
この鳥居を抜けると、女性に大人気のao cafeさんがあります。

ao cafe 八女

ao cafe 八女
店内もインスタにアップしたくなるほど素敵な空間です。

きくや 和菓子
さて、通りに戻ってきて「きくや」さんへ。
趣のある建物同様、創業明治35年(1902年)からの歴史があり、上生菓子、定番の和菓子から新しい創作和菓子、アイスまで、季節を感じるお菓子が沢山並びます。

冊子「YAMEBOJOU」を創刊した時、まっさきに「置きます!」と手を挙げてくださった「きくや」さん。
それ以来、ちょいちょい行ってはお話させていただいたりしてるのですが、行くたびに四季折々のお菓子が並ぶので一向に食べ尽くせません。
夏は、八女茶を贅沢に使ったアイスに丁寧に甘さ控えめに炊かれた大納言がたっぷり入った「八女茶アイス」がオススメということで、カップ購入。

きくや 八女茶アイス
きくやさんのFacebookより)

大納言の絶妙な炊き加減(柔らかくなりすぎてないのです)は、とにかく上品!
「アンコ」ではなく「大納言」ってこういうことなんですね。と1人で納得してしまいました。

八女 菓子処きくや
開店祝いにいただいたお干菓子も上品な甘さで、「干菓子って美味しかったんだ!」と気づかせていただきました。
奥さまにお礼を伝えると。

「美味しいでしょ!あれ美味しいんですよぉ。」

と、ニッコリ素敵な笑顔をいただきました。
きくやさんにオススメスポットを尋ねると

「どこがイイかしらねぇ…Rail cafeさんもイイし…
あ、『つるや』さんは!? 今、かき氷もあるのよ。
シロップもこだわってて、市販のじゃなくて、しっかり果肉も入ったかき氷。
暖簾も新しくされたし、『つるや』さんオススメよ!」

ビブリオチックで「うどんのはなし」を読んでから、うどんが食べたくて仕方なかったのです。
きくやさんからのご推薦ともあれば、行かないわけには行きませんからね!
というワケで、市役所の方に向かって歩き出しました。

その3へつづく。


bibliotic!_bnr

福岡県八女市本町1-17(MAPあり) /TEL 0943-24-8423
OPEN 11:00〜17:00 (木・金・土・日曜)


ご紹介したお店のご案内
土橋市場、周辺のお店のMAPはコチラ

メキシコ料理アステカ OPEN 18:00〜25:00 火曜定休
Facebookページ

ウメノ商店OPEN 20:00ぐらい〜 月曜定休
Facebookページ

ao cafe OPEN 11:00~19:30 火曜定休

菓子処 きくや OPEN 9:00~20:00(日曜のみ18時まで)不定休
Facebookページ

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。