チクチックノート

土橋八幡宮神幸行事『どんどんかんかん』

毎年10月17日〜19日に開催される土橋神社の伝統的なお祭り。

土橋八幡宮(土橋神社)の境内の中にある土橋市場。
毎年10月17日は土橋八幡宮神幸行事、通称『どんどんかんかん』が行われ、10月に入るとお宮の脇にある子供たちが太鼓や鐘の練習をはじめます。


江戸時代から続くこの行事は、毎年10月17日に本町の土橋八幡宮で神事があり、その後御神霊が神輿に乗って稲富のお旅所まで御幸します。
稲富の当番組がおこもりし、八幡様はここに2泊して稲富氏子のお願いをお聞きになります。
そして19日、土橋の八幡宮に還幸するというものです。
(八女市ホームページより)

いつもは閉じたお宮が開かれ、お神輿に乗って神様が外泊されます。

御神霊が乗った神興、獅子舞、お供人の御神幸が人々の無病息災を願ってねり歩きます。
この時、太鼓と鐘をドンドンドンカンカンカンと鳴らしながら歩くので『どんどんかんかん』と言うらしいです。
出られる日と戻られる日は、いつもの土橋市場と違って神事らしく、少し‥かなり厳かな雰囲気が漂います。


お戻りになられる日は獅子舞の舞も見れます。


無事に土橋神社に戻っていかれる神様。


お疲れ様でした。


この期間、各お店やお家を回って、舞って頭を噛んでくれる獅子舞。

以前、八女市内には御幸・風流・流鏑馬などの行事を持つ神社が多数あったそうですが、現在では御幸が行なわれるのは、土橋八幡宮のみになってしまったそうです。
江戸時代前からの神幸行事と現代の商店が並ぶ(いつも以上に)不思議な世界。
守り続けていくことと、今を楽しむこと、未来へ繋ぐこと、それが全部叶う場所になればイイですね。

10月17日と戻ってくる19日、毎年日程は決まってますので、いつか見にきていただきたいな。と思う土橋の行事の1つです。


bibliotic!_bnr

福岡県八女市本町1-17(MAPあり) /TEL 0943-24-8423
OPEN 10:00〜17:00 不定休

instagram_bib

お店「ビブリオチック」のスタッフが写真でお届けする土橋市場のあれこれ。

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。