おいしいお店の物語 文化を育てる物語

コーヒーサロン はら その2

「クラシック音楽以外の人も巻き込んでいこうと思います」そうキラキラした目で話してくれました。

福岡県大牟田市「コーヒーサロン はら」の物語 その1はコチラ

2014年12月13日、来春の日本フィル九州公演のお話をうかがおうと「コーヒーサロン はら」を訪れました。
10ヶ月ぶりというのに、私たちを覚えてくださっている店主・上野由幾恵さん。
他のお客さまのご注文が一段落すると、私たちの側に来て「相談があるの!」と目をキラキラさせて話されました。

上野さん
「今回はね、九州公演の40周年記念なんです。
さらに、指揮者の小林さんがブダペストのコンクールで優勝されてから40年という年でもあるの。
そして、大牟田公演ではピアニストの娘さんと親子共演もされるの。
いろんな記念すべきことが重なるから、何かサプライズなことをしたいと思いましてね!」

純喫茶

何かしたいけど、どうしたら?と考えていた上野さんのところに、大牟田のお花屋さんが「何か協力できたら」と話す機会があったそうです。
他にも、「クラシックはあまり馴染みがないけど、上野さんを応援したい」と声をかけられることも。

「D&DEPARTMENT 福岡のお店に日本フィル九州公演のイベントで呼んでいただいてね。
その時のナガオカケンメイさんの記事を読んでくださった方が多くて。
これからは、クラシック関係じゃない色んな方も巻き込んで広げていけたらと思うんです。
そうそう、ナガオカさんは今回の指揮者の小林さんの大ファンだそうよ(笑)
今回も記者会見を開いてくださったり、ラジオをやられたりしてくださって。」

hara2_03

大牟田では28回目の公演の今年
「今まで真面目にしてたけど、その殻を壊そうと思って(笑)」と楽しそうに公演の準備の話をされる上野さん。
「皆さんに喜んでいただけることをしたい」
ブログで色んな大牟田のクラシック情報を発信していましたが、Facebookでも情報を発信してもっと気軽に広められないかを考えています。
巻き込まれたいと思う上野さんの魅力は、昔からのファンの人たちだけじゃなく、新しく出会う人にも波及し続けていました。


コーヒーサロンはらの物語


hara08
〒836-0046
福岡県大牟田市本町1丁目2−19
MAPあり)
TEL 0944-53-0430
OPEN 10:00~22:00 定休日なし

コンサートに関するお問合せも
コチラにお願いいたします。

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。