お店ができるまで

その3:改装スタート

地鎮祭を済ませ、解体作業も一段落。
いよいよ、改装が本格的にスタートしました。

体作業を進めてしまったあとですが、ノムケン(野村建設)さんに良い日取りを見ていただき、地鎮祭を行い、神様にきちんとご挨拶しました。

土橋市場

地鎮祭
角、角に米、塩、小魚、酒をお供えします。

土橋市場
壁から出て来た年代物の新聞。

ノムケンさん史上最も急と言われた階段も撤去しました。
なくなるとなんだか寂しい気もしましたが(笑)

土橋市場
階段があった方の天井も半分取り壊して吹き抜けになったので明るくなりました。

佐野恵樹園
床の段差を埋めてもらう作業を頼んだのは、運営事務所サンカクキカク全てと仲良くしてくれてる同じ荒木町13区の佐野恵樹園さん。(宇佐川姉弟の幼なじみ)
1年後輩になる代表は、もちろん使われます(笑)
砂利を一輪車で運んでおりました。

佐野恵樹園
佐野恵樹園 社長自ら。

佐野恵樹園

土橋市場
入口の場所を変えるため、壁を切り取ってもらいました。

土橋市場
ここが入口となります。(お宮の参道に面してる方)

dobashi_mise19
跡形もない階段。そして平になった床。

土橋市場
何だかとっても天井が高く広く見えます。

土橋市場
2階から見ると、こんな感じ。

土橋市場


・佐野恵樹園 WEBサイト:http://sanokeijuen.jp


ビフォアの状態を忘れてしまった方は、その1から振り返ってみましょう!

その1:解体作業
その2:打ち合わせ
その4:改装中
その5:階段
その6:大工仕事終了


bibliotic!_bnr

福岡県八女市本町1-17(MAPあり) /TEL 0943-24-8423
OPEN 11:00〜18:00 (火・水曜 定休 ※第2水曜はOPENします)

instagram_bib

お店「ビブリオチック」店主が写真でお届けする土橋市場のあれこれ。

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。