お店ができるまで

その6:大工仕事終了。

建具、室内の塗装、棚‥野村建設(ノムケン)さんの仕事が全て完了しました。

「以前の姿を思い出せない!」と言いながら、改装を進めていたノムケン(野村建設)さんとスタッフ宇佐川。
土橋市場に遊びに来られたついでに覗きにこられた方に「以前はスナックでした」と言ってもあまりピンと来ないところまで改装が進みました。

ノムケンさんと飯田しゃんの仕事はこれで全て終了いたしました。
「終わるのが寂しい」と言ってくださるほど(笑)のお店を造ってくださりありがとうございます!
後は、ちくちっく事務局が窓を拭いたり、そうじしたり、壁を拭いたり‥
最後の仕上げに入りたいと思います。

オープンを目前に、ノムケンさんと飯田しゃんの仕事ぶりを振り返るビフォア&アフターをご覧ください!

土橋市場のお店

土橋市場のお店
外観。

八女 土橋市場

土橋市場のお店
1階。

土橋市場

土橋市場のお店
中2階。

土橋市場のお店

土橋市場のお店
2階。

土橋市場のお店
2階から見た中2階。

さて、いよいよ最終回は‥
・お店の名前発表と何屋さんなのか?
・オープンはいつ?
・「みんなが参加できる」ってどういう意味?
などなど、今までずーっと謎だったことをちゃんとお知らせいたしますね!


その1:解体作業
その2:打ち合わせ
その3:改装スタート
その4:改装中
その5:階段


bibliotic!_bnr

福岡県八女市本町1-17(MAPあり) /TEL 0943-24-8423
OPEN 11:00〜18:00 (火・水曜 定休 ※第2水曜はOPENします)

instagram_bib

お店「ビブリオチック」店主が写真でお届けする土橋市場のあれこれ。

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。