bib workshop イベントレポート

【筑後市】第3回 藍染め体験レポート

手織りの久留米絣工房「緒方絣工房」で開催された
AIGOTOさんによる第3回 藍染め体験のレポートです。

3回目となった「久留米絣の藍瓶で藍染め体験」。
過去2回の経験と、お客さまの声を参考に末續さんと相談し、今回は、土・日・月曜日の3日間開催にいたしました。
回を追うごとに反響が増えていく嬉しさがある反面、体験人数の限界、藍液の調子、予約の受付やキャンセルといった処理を解決しながら、より多くの方々に藍染めを実際に体験していただきたいという気持ちと責任が強くなっていきます。

藍染めワークショップ
リピート参加者も多くなってきましたが、半年に一度なので、基本的な模様の作り方を写真と実物で丁寧に教える末續さん。

藍染めワークショップ

藍染めワークショップ

藍染めワークショップ
あれもこれもしてみたくなるのですが、体験の時間と技術的に難しいこともありますので、そこは末續さんに相談しながら模様を決めていきます。

藍染めワークショップ
染めない場所をビニールテープで縛っていく行程。
やってみて初めてわかる末續さんの力強さ(笑)
藍液が染み込まないように、真っ白を残すことって本当に力仕事なんです。

久留米かすり
初日はラッキーなことに、緒方絣工房の絣の糸を糸車でまとめる作業が見れました。

藍染めワークショップ

藍染めワークショップ
隅々まで藍液がいき渡るように、しわをしっかり伸ばして浸けます。

藍染めワークショップ

藍染めワークショップ

藍染めワークショップ
搾って空気に触れさせることで、藍液が酸化して青く染まっていきます。
浸けて空気に触れさせるまでが1回。
これを12〜3回繰り返します。(濃ゆく藍色に染める場合)
※ちなみにAIGOTOさんは20回くらい繰り返すそうです。

藍染めワークショップ
水洗いして、余分な藍を落とした後、ガーゼを広げた時の歓声は、毎回私たちも嬉しくなります。

藍染めワークショップ

藍染めワークショップ

藍染めワークショップ

藍染めワークショップ

藍染めワークショップ

藍染めワークショップ

実は毎回、いろんなお客さまのアイデアを聞いたり、形にしようと考えることで、末續さんにも新しい発見が生まれます。
時間や技術が限られてはいますが、どんどん新しい楽しさが生まれるワークショップになればイイなと思います。
遠方からのお客さまも増えてきて、たくさんご参加いただけてありがとうございました。

次回は11月末頃の予定です。


・体験レポート「久留米絣の工房で藍染めをする。」
・イベントレポート「久留米絣の藍瓶で藍染め体験」
第1回 藍染め体験のレポート
第2回 藍染め体験のレポート


aigoto link

藍染めストール cm

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。