event info - イベント情報

【佐賀県】第18回うれしのあったかまつり

宵の美術館
開催日程:2018年1月27日(土)〜2月12日(祝)

場所:
【伝統の灯り】 嬉野温泉街一帯
【ランタン空間作品 -なまずの寝床-】佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿甲2834番地 嬉野市体育館
開場:17時〜22時(最終受付21時30分)
入館料:大人500円、小中高生100円、幼児 無料
※入館料は製作協力金として全て作品のために生かされます。

問合せ:(一社)嬉野温泉観光協会 0954-43-0137


日本最大規模のランタン空間作品が嬉野温泉に再び現れる。

18年目を迎える冬の風物詩「うれしのあったかまつり」。
陽が落ちると街に灯りがともされ、それはまるで宵の美術館のように人々の心を癒して来ました。
昨年は新たな取り組みとして、ランタンアーティスト三上真輝氏と多くの嬉野市民が数ヶ月かけて共同で製作した日本最大規模のランタン空間作品「なまずの寝床」が嬉野市体育館内に出現し、多くのお客様にご来場いただきました。

2年目の「なまずの寝床」はランタンの空間作品は新たに100体ほどのランタンを作成し昨年以上のスケールで皆様に美しい灯りの世界をお届けします。


 
インスタグラムではイベントのオフショットも載せてます!

instagram_cic

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。