event info - イベント情報

【福岡市】〜繊維表現いとあつめ〜 I T O B A vol.2

会期:2019年04月18日(木)~ 04月23日(火)
10:00~20:00(最終日18:00まで)

会場:〒812-0027 福岡市博多区下川端3−1 博多リバレイン8階 福岡アジア美術館 交流ギャラリー
TEL:092−263−1100  
URL:http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
お問合せ:ITOBA 代表 田篭みつえ
TEL・FAX:0942−72−8890
FB:https://www.facebook.com/itobafukuoka/

〜繊維表現いとあつめ〜 ITOBA vol.2

染める・織る・編む・紡ぐ・刺す・結ぶ・解く・・・
多くの技法と技を駆使し、表現されゆく『繊維芸術』
その歴史は古く、また、現在も開け往く未知なる世界。
伝統工芸からモダンアート・デザイン・クラフト・テキスタイルなどなど、幅広く奥深い分野。
この心満ちた豊かな分野で活躍する各方面の表現者が集結し『action』を起こす。
九州ここ「 博 多 」にて、魅力を解放する門が緩やかに開く!

—出展会員作家/16名—
○石田のりこ/手つむぎニット:福岡
○梅林保乃/創作型絵染:福岡
○岡田真美子/ろう染め:佐賀
○クボマモル/藍染め・絞り:福岡
○こがなおこ/染織:福岡
○小谷るみ/染織/風通織:大分
○清水まゆみ/テキスタイル/フェルト&織り:福岡
○角勤子/博多織手織り:福岡
○末續日富美/藍染・久留米絣:福岡
○田篭みつえ/手紡ぎ手織り/ホームスパン:福岡
○中園唯/染織:福岡
○仲間伸恵/ファイバーワーク:沖縄
○廣田弥生/木と籐:福岡
○福田典子/手紡ぎ手織り:福岡
○戸次竜太/染色:福岡
○吉原美穂/テキスタイル・ステンシル&刺繍:福岡
     
同時開催『 ITOBA day’s 』

日々使うもの・日々のしごと ITOBA day’s
ITOBA作家たちの小品と日々の手仕事の一部を「実演とワークショップ」で紹介いたします。

会期:2019年4月18日(木) 〜4月23日(火)
   10:30〜19:30(最終日16:00まで)
会場:HAKATA JAPAN リバレイン店 福岡市博多区下川端3-1博多リバレイン1階
TEL:092−263−1112
https://www.hakatajapan.jp

— 出品作家 −
梅林保乃・クボマモル・こがなおこ・清水まゆみ・田篭みつえ・中園唯・廣田弥生・福田典子・戸次竜太

*ワークショップ*
開催時間:11:00~14:00
所要時間20~30分程度 
参加費¥1,000 
受付:会場にて随時受付致します

<スケジュール>
4/18●手織りでスマホケース作り/こがなおこ
4/19●フェルトソープ作り/清水まゆみ
4/20●アイロン転写でハンカチ染色/中園唯
4/21●折布藍染め/所要時間20分/田篭みつえ
4/22●フェルトソープ作り/清水まゆみ
4/23●手織りでスマホケース作り/こがなおこ

*実演*
開催時間:15:00~18:00 (4/22まで)

<スケジュール>
4/18●紡毛機による糸紡ぎ/石田のりこ
4/19●紡毛機による糸紡ぎ/田篭みつえ
4/20●博多織手織り職人の組紐/角勤子
4/21●切り絵型紙彫り/中園唯
4/22●紡毛機による糸紡ぎ/石田のりこ


/div>

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。