こだわりの商品を作る物語

石橋鉄工所

「できない」と断らない姿勢が広げた鉄工所の未来。

福岡県柳川市、駅前から随分と離れた田んぼの真ん中にポツンとある石橋鉄工所。
今年、代を受継ぐ石橋 輝喜さんは今までなかった横の繋がりを広げ、新しい技術に挑んでいます。

石橋鉄工所

石橋鉄工所は、今年で創業してちょうど30年。
車や船、建設重機用の部品を主に作っている傍ら、みやま市のクロキ ビスポークさんと作ったカフリンクス「NOC」や櫨(はぜ)蝋燭立てなど、デザインプロダクトも手掛けています。
工場内には、大型でプログラミング制御の機械がズラリと並んでいて、若い従業員さん達が働いていました。

「元々は(お義父さんと輝喜さんの)2人だけでしてたんですよ。」

奥さまの香織さんが教えてくれました。

石橋鉄工所

有明海に港があり、造船業も盛んだった土地柄の柳川で、石橋鉄工所は順当に規模を拡大していきました。
しかし、大きな転換期が石橋鉄工所に訪れます。

輝喜さん:
「今の工場を建てて、2年後にリーマンショックですよ。うちの売上げは10分の1まで落ち込みました。」

香織さん:「『機械も新しく買って、今から!』って時にガターンって(笑)」

そんな危機的状況を迎えたことを、石橋夫婦は笑顔でこう言い切っていました。

「あれは、(うちにとって)あって良かったリーマンショックです。」

石橋鉄工所
昔から使っている機械はコンピュータ制御ではありません。
お父さんの一男さんの職人技が光ります。

輝喜さん:
「まだ親父がいる時に経験できて良かった。今、あの時の教訓を生かしています。
 不景気になると、地域全体が落ち込むんです。
 だから、ホームページを作って遠方からの注文を取れるようにもしました。
 そしたら、関西方面から仕事が来たんです。
 今、ホームページ経由の仕事は4割くらいあります。」

リーマンショックの危機的状況は、他にも輝喜さんを動かしました。
今や東京や神戸のお店にも置かれているクロキビスポークさんのカフス「NOC」です。
ステンレス、真鍮、銅を使ったカフスは、石橋鉄工所で加工されています。

香織さん:
「元々、黒木さんと(旦那)は知りあいというか、仲良くて。
リーマンショックの煽りを受けていた時に、呑みの席で『何でもいいから何かをしなきゃいけない』って話してたら、黒木さんも前々から(カフスを)作りたいっていうのがあったらしく『じゃ、作れる?』『作ってみようか』って。」

「自分が一番苦手なことを黒木さんが頑張ってくれてます。
 営業とか販売とか。売れたら売れたで大変なんですけどね(笑)」

カフス「NOC」は、石橋鉄工所の数ある製品の中でもトップクラスの精度管理をしているそうです。
誤差は+-10ミクロン(1mmの100分の1)以内。

「(カフスのベース部分)そこが一番難しくてですね。
見栄えをよくする為にアールとアールがつながった所で繋げとるんです。わざと!
だから、100分の3(ミリ)とかずれたら、ツメがひっかかるとかになるんで。」

石橋鉄工所
この大きな機械でカフスに刻印をします。

石橋鉄工所
ロゴマークの内側にもの凄く細かい加工を施してます。右はそれを掘るドリルの先端。

創業30年を迎える今年、お父さんの一男さんから輝喜さんへ代が変わります。
元々、鉄工所を継ぐ気はなくデザイン専門学校に通っていた輝喜さん。

「オレ、次男やからね。」

それが、今では「鉄やったら何でも出来ます。銅、真鍮、アルミ、チタンとか」という姿勢で仕事を受けて来ます。

「断りきらんとですよ。『出来ます』って言ってしまう。
それで、どうしても自分の所じゃ出来ないことがあって、出来る人を探しまくっていたら、意外に近くで色んな技術を持ってる人たちと繋がれた。」

おかげで、それまで「ほとんどなかった」というメッキ屋さん、金型屋さんなど、横の繋がりが増えたそうです。

石橋鉄工所

「何かこんなの造りたいな」ってアイデアを持ってる人が
それを造れる場所を作りたい。

近々、異業種が関わってデザインプロダクトを造ることが出来る専用の工場を何年か計画で考えているそう。
夏くらいから、田んぼを埋めるところから始めます。

香織さん「うちの実家がですね、舗装業を営んでいるんですよ。」
輝喜さん「(工場脇の駐車スペースを指して)これ新築祝いです(笑)」

「田んぼの真ん中にお洒落な工場を建ててやろうと思って!(笑)
『田舎だから』とか言わせないレベルの。
そこで、色んな業種の人が来て「何が出来るか?」って話したり、ワークショップしたり。ワクワクするでしょ?」

「いろんな事業社さんたちへの場所を提供したいな、と。
 夫婦で、夜な夜なワクワク話しながら飲んでます(笑)」

鉄工所で働く若い従業員さん達も「カッコイイ」と誇りを持てる仕事を作る。
何より自分たちがワクワク出来る仕事を生むために。
と話す石橋夫妻は、そのまま朝まで飲みながら語れそうな勢いでした。


インスタグラムではイベントのオフショットも載せてます!

instagram_cic

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。