すてきなお店の物語

La pua その2

La pua 前野さんが目指す
「ここにしかいモノを作る花屋さん」

花屋 La pua

花屋 La pua

フラワーアレンジの教室も不定期で開催してる La puaさん。
プリザーブドフラワーを使ったり、リースを作ったりもちろんブーケなど様々なアレンジを教えてもらえます。

前野 隆行さん:
「お客さんには、庭に咲いてる花などもアレンジに足すアイデアを伝えてます。
『庭に咲いてるけど切れない』とおっしゃる方も多くて。
でも、株も強くなるし、新しいのが映えてくるから切った方がイイんですよ。」

いつかは、植えている草花から好きなのを摘んでもらってアレンジをするワークショップをやりたいそうです。

佐智子さん:「庭の草花を持ってきてもらってもイイですよね。」

隆行さん:
「場所がまだないんですけど、そういうのやりたいなぁと思って苗はもういくつか買ってあるんですよ。
植える場所がね…(笑)」

花屋 La pua

そんな話をうかがってる時、ガラスの花器にささったパセリのような植物が…

「パセリです(笑)」

これだけでも十分かわいかったのですが、お任せでブーケを作ってもらうことにしました。

さすがにパセリだけでは足りないので、ほかのグリーンも足しながら。

「こういうグリーンのアレンジをもっとやってみたいです(笑)
グリーンも本当にいろんな色があって綺麗なんですよねぇ。」

花屋 La pua
隆行さんも大満足のパセリのグリーンブーケができました。


lapua10
〒833-0001
福岡県筑後市大字一条645-1 A-103
MAPあり)
TEL 0942-54-2500
公式サイト http://lapua.jp
Facebookページ

OPEN 10:00〜 (木曜定休)
※駐車場あり

アレンジメント教室を不定期で開催してます。
詳しくはお店までお問合せください。

 


毎週月曜日にbibliotic!2Fでレッスン開催中!

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。