こだわりの商品を作る物語 町を楽しくする物語

明果園

「自然の力を借りて、その恵みを少し分けてもらう」
そんな想いで営む農園

明果園

福岡県うきは市で30年間、果物を作り続けている明果園の秦さん一家。
自然に出来るだけ近い形でと、減農薬・堆肥(クロレラエキス)栽培で果実を育てています。
そんな明果園さんの果物は、くだもの狩りなどのイベントで直接体感して味わう事ができます。

「果実が育つ環境から知ってもらいたい」

そんな秦さんたちの想いから、畑を使った自然と楽しく触れあえるイベントを次々企画されているのです。

明果園

福岡県朝倉市と うきは市の境にある大分自動車道の杷木I.C.あたりは西日本随一の富有柿の産地と云われています。
その うきは市側。柿の木が連なる山道を登って行くと、晴れた時は久留米市まで一望できる場所に明果園さんの柿畑があります。
「他と比べて随分と規模は小さい」という明果園さんの柿畑。
果物に適した環境で育てるため、それぞれの果物を離れた場所で自然に近いカタチで、農薬や化学肥料も極力撒かずに育てています。

「土を良くしてやって、健康な木に育てれば自然に美味しい果実がなる。
 気持ちをかけてやれてるかは木に伝わる。」

と、お父さんの伍夫さんは言います。

伍夫さん:
「1本1本ちゃんと見てまわっとるよ。
 木も1本1本性格が違うけんね。人間と一緒。
 ちゃんと目をかけれたかどうかは、出来た果物が教えてくれる。
 そらもう明らかよ。ごまかしは効かんけん。」

明果園

「父の教えで、(木の)上の方の柿はカラス用に残しておくんです。」

長女の忍さんが教えてくれました。
そうすると、カラスもむやみやたらに喰い散らかさないそう。
これも、自然の一部を分けてもらってるという明果園の1つの知恵です。

減農薬だからといって、いびつな形だったり甘みの薄い果物ではありません。
でも、傷がついたり、大きさが揃っていなかったりで市場では売れないこともあります。

忍さん「本当に美味しいのは傷があるやつなんですけどね。」

その本当の美味しさを知ってもらう機会をつくるために、明果園さんでは「フルーツ狩り」を開催しています。
実際になっている様子を見て、この自然を感じてもらって果物を求めてくれるお客様に販売しています。

明果園明果園
絶景の柿園。木枠は、前回イベントを開催した時の「どこでもドア」の名残。

明果園は、秦 伍男さんと奥さまの寿々子さん、長女の忍さんと次女の相佐(つかさ)さんのご家族4人で運営しています。
お姉さんの忍さんが明果園で働きだしたのは実は1年ちょっと前から。

忍さん:
「ずっと『農業なんてしない』って思ってました。
妹はずっと(農業を)してるんですけど、(妹に)言ってましたもん。
『暑いのによくやるね~』って(笑)」

相佐さん:
「一番驚いているのは、お姉ちゃんが1カ所にこんなに長く留まっていることですけどね(笑)」

忍さんは、今まで海外を含め色んな場所を拠点としてきました。
でも、今は不思議な事に農業中心のこの生活を楽しんでいます。
寒がりもなくなってしまったそうです。

子どもの頃はずっと家業を手伝ってきたお二人。

忍さん:
「父の方針で、子どもでも手伝いじゃなく仕事として割り当てられてました。」

果樹という生き物を扱う仕事。お客様に食べてもらう商品を扱う仕事。
「子どもだから可哀想だけど、『おてつだい』ではいけない」という伍男さんの教育が、しっかりとお2人に根付ています。

明果園

伍夫さん:
「見てみぃ。薬を撒いてないから、木にもちゃんと苔が生えよるやろ。」

明果園
伍夫さんに「体にイイけん、舐めてみ」と云われた伝説のパパイヤの茎の味。

「今は寝るときも農業のことを考えるくらい農業が好きやねぇ。」と、ニコニコしながら話してくれた伍男さん。
伍男さんが主にしていた時代から、くだもの狩りだけじゃなく見晴らしのいい果樹園を利用して、BBQなどのイベントも開催していた明果園。
その観光農園のカタチを受継ぎ、周りのお店や農家を巻き込んで発展させたイベントを企画・開催する忍さん。
自然からもらっている大事なモノが、自然に触れる機会が増えることで沢山の人に広まるように。

明果園
真冬の桃畑の横で大きな実をつけるパパイヤの木。

地元のお店と協力したケータリングや音楽、マルシェ、自然と触れ合う機会を盛り込んだリース作りのイベントなど、アーティストでもある忍さんの、自然に融け込むイベントは親子連れをはじめ、若い人たちにも人気です。

大パノラマの自然がそれぞれの季節の装いで迎えてくれる明果園のくだもの狩りと各種イベントは、うきは市の魅力をまた1つ教えてくれます。


【主催/出店イベント】
きいろの市
かき色の市
うきはスイーツ&フルーツコレクション2015


明果園
〒839-1301
福岡県うきは市浮羽町小塩道迫1276-66
【柿畑】(MAPあり)
TEL 0943-77-3815
OPEN 09:00~17:00(不定休)
イベント「かき色の市」Facebookページ
https://www.facebook.com/kakiironoichi

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。