おいしいお店の物語

ベトナムごはん Ne’-ne

素敵な笑顔と笑い声が響くベトナムごはん屋さんが久留米に誕生しました。

福岡県うきは市の公民館を改装して作られたコトコト舎。
そこは「何かをはじめたい人”を応援する場所」として色んな方が共同経営にたずさわり、日替わりでいろんなお店を楽しめる場所です。
「ベトナムごはん Ne’-ne」の渕上 由生さんも日替わりでランチを出されてた1人でした。

ベトナムごはんNe'-ne
コトコト舎時代のネーネさんのメニュー。

その頃から変わらない店名の由来は、渕上さんのあだ名「ねえさん」→「ネーネ」からきてるそうです。

渕上 淳一さん(旦那さま):
「僕が『ネーネでいいんじゃない?』ってつけました。
年上の人にまで『ねえさん』って呼ばれてるんですよ。」

由生さん(以下ネーネさん):
「ネーネって呼んでくれてイイよ。誰も『ふちがみさん』て呼ばないよねぇ(笑)」

ベトナムごはんNe'-ne

野外イベント「かき色の市」の時、いつも楽しそうに笑ってて明るくて面白いネーネさんのことを、コトコト舎で一緒だったmimikokoさんはこんな風に話してくれました。

「姿は見えないのに、ネーネの高笑いは遠くからでも聞こえてくる(笑)
見えないけど『あぁ、楽しくやってんだな〜』って(笑)」

ベトナムごはんNe'-ne

なぜ、ベトナム料理?

結婚して久留米に来るまで、東京のレストランで働いたりフードスタイリストとして働いていたというネーネさん。
(淳一さんが久留米出身なのです)

「いちばん得意な料理はパスタ。美味しいよぉ(笑)」

え? じゃ、なぜベトナム料理なんですか?

「だってライバルいないから(笑)と思ってたら、近くにタイ料理屋できたけどね(笑)」

サラリとそんな風に答えるネーネさんですが、もちろん東京のベトナム料理店でもしっかり働いた経験もあるそうです。
お米の麺フォーや生春巻きが印象的なベトナム料理ですが、ネーネさんが以前、土橋事変に出店された時のちゃんとした(笑)お話では

「味付けは素朴で優しく、毎日食べても飽きる事がない白ごはんにあう料理。
懐かしさすら感じるベトナムの家庭料理をたくさんの人に食べてほしい。」

とのこと。

ベトナムごはんNe'-ne

空芯菜やインチョイといった青菜の炒め物、スペアリブや豚足も紅白なますも野菜たっぷりの揚げ春巻きも、どれもこれも白ごはんがすすむんです。
白ごはんに合うということは、ビールにもあいます。
お酒が大好きなネーネさんのお店なので、ランチしかやってませんがベトナムビールも飲めますよ(笑)。

そんなネーネさん、お店オープンの直前には、本場の味と空気感を体感するべくベトナムのホーチミンまで行くという本気具合。

ベトナムごはんNe'-ne

ホーチミンでバインミー(ベトナム風サンドウィッチ)を食べまくり、美味しかったバインミーのバンズ(パン)をお手本にニコパンさんが研究を重ね、作ってくれました。

ニコパン美香さん:
「(美味しいバインミーの所は)やっぱりパンが違うとよ!
 本場のは、信じられないくらい軽い!」

ベトナムごはんNe'-ne

そうして完成したネーネさんの本場の味に近い絶品バインミー。
具材のハムやレバーペーストももちろん自家製。
ボリュームたっぷりですが、バンズが軽いのとナマスをはじめ野菜もたっぷり入ってるからか暑い夏でもペロっと食べれちゃいます。

「意外とさーぁ、男性のウケがすごくイイのよ。バインミー。」

野菜やハーブをふんだんに使うヘルシーさで国内の人気が高まってるベトナム料理ですが、ネーネさんはさらにお野菜も福岡産の新鮮なモノを多く選び、調味料も無添加のものを選んで、より美味しく、より身体に優しいベトナム料理を作ってくれます。
(実はベトナムの食材で無添加のものを選ぶのはとても難しいそうです)
テーブルに置いてある、レモングラスラー油やタバスコといった薬味まで自家製なんですよ。

ベトナムごはんNe'-ne

ベトナムごはんNe'-ne

今や各地のイベントに引っ張りだこのネーネさん。
屋外のイベントで食べることが出来る本格的ベトナム(アジア)料理を楽しめるネーネさんの出店は、イベントの回を重ねるごとに間違いなく行列が増えています。

「イベントの時はね、(お客さんが)わかりやすいように1コイン(500円)で出せる料理にしてる。」

なので、毎回ちがう料理を楽しめるイベントを全て堪能しても食べれないメニューがたくさんあるんです。
待望のお店がオープンしたことで、イベントで食べれないメニューが気軽に食べに行けるようになりました。

ある日のお客さま:
「ランチのメニューはいつ変わるんですか?」

ネーネさん:
「ん〜、私が飽きたら(笑)8月からは生春巻きが登場しました!」

3種類から選べるランチは、気まぐれに変更するそうなので要チェックですよ(笑)

ベトナムごはんNe'-ne


【ベトナムごはん Ne’-neさんの関連記事】
久留米さんぽ その2
久留米さんぽ
福岡県うきはさんぽ【後編】


【出店イベント】
【大川市】若津港マルシェ レポート
【八女市】 土橋事変 其の参
【大木町・筑後市】巻くヤーツ展&野歩ほん1周年祭り
【八女市】土橋感謝祭
【うきは市】かき色の市
【八女市】 土橋事変 其の弐
【みやま市】夏納めの会
【うきは市】コトコト夏祭り2014
【大木町】ニコパン夏祭り2014
【うきは市】きいろの市


ベトナムごはんNe'-ne
福岡県久留米市日吉町26-42MAPあり)
TEL:090-4924-3787
OPEN:11:30〜16:30
土曜 11:30〜16:00/17:30〜21:00(L.O.)
店休日:日、月、火曜
※その他、不定休となりますのでFacebookでお休みを確認してください。
Facebookページ

※専用駐車場はございませんので、お近くのコインパーキングに停めてお越しください。

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。