おいしいお店の物語

ベトナムごはん Ne’-ne その2

土曜だけ、待望の夜営業がスタートしました!

イベントやコトコト舎の時からファンだった人も、ベトナムから来た人も、ベトナムに住んでたことがある人も、虜にしてしまうNe’-neさんのベトナム料理。
ネーネさんが食べたくなったらという気まぐれで変わる3種類のランチに加え、仕込みに時間がかかる大変なメニューも「本日のスペシャル」として、たまに登場します。
汁物じゃなければ、テイクアウトも出来ます。
(ランチタイムは混雑することもあるので、電話予約をオススメいたします)

ベトナムごはん Ne'-ne

日によっては、カウンターに常連さんがズラリと並ぶ時間帯も。
なぜか知らない人同士が仲良く同じ席に着いてワイワイすることもあります。
もちろん、窓際でベトナム料理を静かに堪能することも出来ます(笑)

ベトナムごはん Ne'-ne
久留米だということを忘れそうな、昼下がり。

ある日、柳川から食べに来られた年配のご夫婦がお店に入るなり

「新聞でアナタの記事を読んで、すごく行きたかったんですよ。
 けど、うきははちょっと遠いから…そしたら久留米にお店が出来て!
 嬉しくてねぇ。ここなら来れるって!」

ご夫婦の息子さんがホーチミンで働いていたこともあり、ご夫婦はよくベトナムに行っていたそうです。
そんな懐かしいベトナム料理を食べれるお店を新聞で見つけて1年以上。
念願のネーネさんのベトナム料理を食べたご夫婦は一言。

「美味しい!」

お父さんにいたっては、ランチにポークソテーを追加するほど。
ご夫婦のニコニコ顔を見れた素敵なランチタイムでした。

ベトナムごはん Ne'-ne

そして、ついに待望の「夜Ne’-ne」がはじまりました。
バインミー(ベトナムサンドウィッチ)で使われてる手間ひまかかった自家製レバーペーストも単品で頼めたり、ランチではどちらかしか選べなかった「生春巻き」と「揚げ春巻き」も好きなだけ注文できます。
その他にも、夜限定メニューがたくさん!(メニューはその都度変わります)

ベトナムごはん Ne'-ne

平日のランチタイムになかなか来れないお客さんのために、夜の営業を決心したかと思いきや、そこはネーネさん。

「自分が飲みたいから(笑)夜は『ママ』って呼んでね!」

夜は少しチークが濃いめのゴキゲンなネーネさんが出迎えてくれます(笑)

ベトナムごはん Ne'-ne
もちろん、アルコールメニューも増えてます。

ベトナムごはん Ne'-ne

ベトナムごはん Ne'-ne
あったか煮込み料理も絶品。

ベトナムごはん Ne'-ne
なぜか、カレーより辛いチャーハン。

ネーネさんのおいしい料理とお酒を囲んで、知らない人同士もワイワイ話す。
お1人様でも団体でも温かく迎えてくれるお店。
「ママ」と呼んでほしい店主の人柄がお店に溢れた「屋台のような」居心地の良い空間が、土曜の夜 久留米に誕生しました。


【ベトナムごはん Ne’-neさんの関連記事】
久留米さんぽ その2
久留米さんぽ
福岡県うきはさんぽ【後編】


【出店イベント】
【八女市】土橋祭り
【柳川市】柳川モーターショー
【うきは市】青空マーケット
【大川市】若津港マルシェ
【八女市】 土橋事変 其の参
【大木町・筑後市】巻くヤーツ展&野歩ほん1周年祭り
【八女市】土橋感謝祭
【うきは市】かき色の市
【八女市】 土橋事変 其の弐
【みやま市】夏納めの会
【うきは市】コトコト夏祭り2014
【大木町】ニコパン夏祭り2014
【うきは市】きいろの市


ベトナムごはんNe'-ne
福岡県久留米市日吉町26-42MAPあり)
TEL:090-4924-3787
OPEN:11:30〜15:30(L.O.)
土曜 11:30〜16:00/17:30〜21:00(L.O.)
店休日:日、月、火曜
※その他、不定休となりますのでFacebookでお休みを確認してください。
Facebookページ

※専用駐車場はございませんので、お近くのコインパーキングに停めてお越しください。

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。