すてきなお店の物語

+10

ここでしか会えない作家モノ含め、30ほどのブランドが揃うお洋服屋さん。

+10

福岡県八女市、土橋市場。
昭和の面影を残し、かつて賑わっていたという雰囲気だけを残した地元でもコアな商店街に佇むセレクトショップ+10(プラステン)さん。
元々は、同じ八女市の黒木町でお店を営んでいたのですが、ウメノ商店の梅野さんに誘われて土橋市場に店を構えました。

+10

地元である黒木町で「turtle’10」というお店をひらいていた店主の堀下さん。
その店のお客さまだった梅野さんに「土橋市場に店を出さないか?」と誘われたそう。

堀下さん:
「最初は断ったんですよ。(黒木町を)出る気はなかったんで。
 でも、ここ(土橋市場)を見に来てみたら、いけそうな気がして。
『ウメノ雑貨店』も出来るって云うし、なんて言ったらいいかな…?
 梅野さんて何かカリスマがあるっていうか…ね?(笑)
『梅野さんが言うなら間違いなかろう!』って思えるんですよね。
 他の人からの誘いだったら断ってたかも。」

2013年秋、ウメノ雑貨店と+10の合同一周年記念イベントには、本当に多くの人が駆けつけ土橋市場が賑わったそうです。

+10

+(プラス)

turtle’10 から +10へ。
通常営業は「+10」になりましたが、堀下さんの大事なお店、黒木町の turtle’10 も予約営業というカタチで今もあります。
黒木町のお客様も引き続き、土橋市場まで来られるそうです。
そして、新たなお客様も増え続けています。

堀下さん:
「ありがたいことに、続いているお客様ばかりですね。本当に感謝してます。」

取り扱う洋服や雑貨は、作家モノから既製品まで数多くあります。
入れ替わりはありますが、30人くらいの作家モノを取り扱っているそう。

「最初から多かったわけじゃなく、紹介だったりで増えていったんですよ。」

+10
店内のアンティーク調の什器も購入することができます。

1階、2階と小さい店内に散りばめられた沢山の商品は、雑多で混雑することなく、綺麗に陳列されているのに思いもよらぬ場所にも置かれていたりするので、まるで探検をするような感覚で買い物を楽しめます。
多種多様な商品ですが、どれも「堀下さんらしい=+10らしい」というセンスで統一されているので、そんなに多くの作家さんのモノや既製品が並んでいるとは気づかないほど。

「流行りには昔からめちゃくちゃウトいんですよ(笑)」

そんな控えめな店主・堀下さんのセンスが、通いたくなるお店をつくりあげる要素でもあるようです。

+10

堀下さん:
 「ほんと自信はなくて…
いつも『明日、店をたたまないといけなくなるかもしれない』って(笑)
この仕事を10年続けれたら、自分に自信持てるかもって思ってます。あと3年!(笑)」


+10
〒834-0031
福岡県八女市本町1-17
TEL 0943-23-2201
開店時間 11:00〜16:00(不定休)
website http://plus10.strikingly.com

Facebookページ

土橋八幡宮横に無料駐車場があります。
(~16:00までは無料)
※店休日はFacebookでご確認ください。

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。