おいしいお店の物語

たけ屋

地域で40年近く愛される「筑後うどん」のお店。

うどん たけ屋

小麦の生産も多い福岡県ちくご地方では、麺類も豊富です。
豚骨ラーメン発祥の地と言われる久留米でも「実はラーメンより、うどん派」という地元人も多く、うどん屋さんが沢山あります。
そんな中、うどん激戦区とも言える ちくご地方で40年近く地域の人々に慕われている麺処「たけ屋」です。

うどん たけ屋

うどん たけ屋

お米も小麦も美味しい土地柄が生んだうどん

「うどん」発祥の地と云われている福岡県。
米と小麦の二毛作が盛んなちくご地方でも同様に、小さい子どもからご年配の方まで様々な年代の人たちで賑わううどん屋さんがアチコチにあります。
ダシのしっかり利いたおつゆとフワフワの麺が特徴の筑後うどん
「うどんの美味さ=コシの強さ」という印象とは全く異なる麺は美味しいダシをたっぷり吸って、優しい口当たりなのです。

代表 加藤正明さん:
「筑後うどんは「粘り腰」と言われています。
讃岐ではうどんを主食として食べるから、腹持ちが良いようにコシがあれだけ強い。
筑後は米も小麦もイイのが穫れるから、ご飯に合うように柔くして麺にダシの味がしみ込むようにしてる。
ふわっとしとるでしょ? 柔いけど引きがある難しい麺。
コネ方など工夫がそれぞれ(の店に)ある。」

たけ屋 ごぼ天うどん

うどん たけ屋
カウンター、テーブル席、お座敷と広い店内でも、お昼と夜のご飯時には満席になる事が多い。

たけ屋のこだわり

うどんは、いつ食べても同じ食感のふっくらとして、ひきのある麺を提供出来るように、仕込みの段階で湿度と気温に気を配りながら、麺の大きさも多少変えています。
蕎麦は、ひきたて、打ちたて、湯がきたての麺
食材は極力地産地消、国産にこだわっています。

加藤さん:
「生きもんやから、うどんもね。
ザルはコシを出すために水でしめる。
ぬめりを洗ってしまうから、小麦の風味を堪能したいなら『釜茹で』がイイね。」

お蕎麦も自家製粉です。(ちくご地方の主なうどん屋さんは、お蕎麦も扱っています。)
細めのお蕎麦は、のど越しが良く、麺にコシがありメニューによっては、お蕎麦の方が人気のモノもあるそうです。

たけ屋 味めしたけ屋 にしん蕎麦
大人気の「味めし」と九州では珍しい「にしん蕎麦」

加藤さん:
「私が独立した当初と粉は違うね。
艶があってコシも出る、湯がいた後しっかりとしている粉と、味が良いけどすぐ柔くなる粉。
両方の良いところを出すよう研究した比率でブレンドしたものを今は使ってる。」

うどん たけ屋




うどん たけ屋
〒830-0047
福岡県久留米市津福本町1309-1(MAPあり)
TEL/FAX 0942-33-3408

駐車場有り

 


インスタグラムではイベントのオフショットも載せてます!

instagram_cic

About the author

チクチック

地域・地方の魅力は、そこで暮らし営む「ひと」の魅力だと思います。
その魅力は日本中、世界中にありますが、まずは自分たちが暮らす福岡県ちくご地方に目を向けました。
そして、市町村単位ではなく、自分たちが日常的に気軽に行動できる、例えば車で1~2時間で移動出来るような、もっと感覚的に大きなエリア。
「自分の地元」と言えるようなエリアを自らの足を使って取材する形で発信しています。

地域の読みものとしてのWEBマガジン「チクチック」を担当している
オガワが取材に行ったり、イベントで見たり、お店で聞いたことを記事として書き留めてます。