bibliotic! journal

アトリエ tanpopo こども作品展

筑後市の絵画教室 アトリエ tanpopo さんの、こども作品展の様子です。
クレヨンや絵の具、色紙など多彩な技法を好きなように使ったカラフルな作品。
油性ペン1本で(下書きなしで)描くモノクロの世界
木の板に釘や紐を使って作る立体作品。
アトリエのみんなで作り上げた『なにか』の立体作品。
一人で何作も作ってる子もいますが、とにかく自由に伸び伸びと描いているのが伝わってきます。
「何を描けばいいんだろう?」という迷いはなく
「こう描かなきゃいけない」という縛りのない世界

連日、作者のお子さまと一緒にご家族が見にこられます。
土橋市場という不思議な空間の不思議なお店に飾られてる自分の絵は、どんな風に見えるんでしょう?
ちょっと得意げなような恥ずかしいような何とも言えない顔で、そしてみんなシャイであんまり話してはくれず(笑)
お店を出て行く様子をちょっと楽しんでおります(笑)

なにか新しい刺激が作者の子どもたちはもちろん、ご家族や友達、見に来た人みんなにあれば良いな〜と思います。

Related Posts