こだわりの商品を作る物語, 伝統を継ぐ物語

内野樟脳 その2

内野樟脳で働いている檀さんから、事務所に電話がありました。
「結晶を取り出すところをまだ取材してなかったですよね?
今週火入れをするから、3月初めには結晶を取り出すんですけど、見に来ませんか?」

内野樟脳さんを初めて取材してから半年以上経っていました。
季節が変わり、まだまだあるだろう物語を取材しようとは思っていましたが、タイミングが合わず行けてない所へのお誘いでした。
昔の器械
80年以上もの間、使われている油圧式ポンプ。
これで、450kgもある樟脳の圧搾機を持ち上げます。
油圧式ポンプ
持ち上がった釜の下に樟の丸太を置いて、油圧式ポンプで押上げます。
そうすることで、中の樟脳が入った麻網を丸太が押し出します。
1日かけてじっくり圧搾された麻網は、こうしないと取り出せないほどだそうです。
内野樟脳
「ボンって凄い音がしますよ(笑)」
そう檀さんに聞いてたのに、麻網が押上げられた瞬間ガタンッと鉄の音がして、取材にいった2人でビクっとなってしまいました。
内野さん「これには皆、驚くんですよ(笑)」
内野樟脳
内野樟脳
鉄蓋、木蓋を取り外し、麻縄を取り出します。
内野樟脳
50kgほどの重さの麻網を持ち上げる檀さん。
麻網は、結晶を取り出しやすくするための工夫です。
圧搾により分離して出来た2番搾りの樟脳油も、虫除けなどに使われて無駄がありません。
天然樟脳
麻網を開き、樟脳の結晶を取り出すと雪のように真っ白になっています。
檀さん
「私が内野さんの所で働きだした頃、一番感動した行程です。
『純白とはこのことだ!』と結晶を取り出した瞬間思いました。」

「だから、ぜひ見に来て欲しい」と、事務所にわざわざ電話をくださった檀さん。
この長い行程を経て、約5トンの樟のチップから、合わせてわずか30~40kgほどの樟脳と樟脳油が採れるのです。
内野樟脳

[mks_button size=”medium” title=”前へ” style=”squared” url=”https://cictic.jp/uchinoshounou” target=”_self” bg_color=”#cccccc” txt_color=“#555555” icon=”fa-chevron-left” icon_type=”fa”]  [mks_button size=”medium” title=”物語のつづき” style=”squared” url=”https://cictic.jp/uchinoshounou3/” target=”_self” bg_color=”#cccccc” txt_color=”#333333″ icon=”fa-chevron-right” icon_type=”fa”]

【関連する記事】
内野樟脳の物語
内野樟脳の道具の物語


[mks_col]
[mks_one_half]


天然樟脳
¥1800(税別)
[mks_button size=”medium” title=”お買いもの” style=”squared” url=”http://store.cictic.jp/?pid=58814436″ bg_color=”#0d571f” txt_color=”#ffffff” icon=”fa-shopping-cart” icon_type=”fa”]

[/mks_one_half]
[mks_one_half]


樟脳アロマオイル【5m/10ml】
¥1400(税別)〜
[mks_button size=”medium” title=”お買いもの” style=”squared” url=”http://store.cictic.jp/?pid=60615341″ bg_color=”#0d571f” txt_color=”#ffffff” icon=”fa-shopping-cart” icon_type=”fa”]

[/mks_one_half]
[/mks_col]

Related Posts